ロゴ日本側彎症学会

お知らせ一覧

2020.01.16食習慣は思春期特発性側弯症と関係ないことが明らかに

慶應義塾大学医学部整形外科学教室の松本守雄教授、渡邉航太准教授らのグループは、日本人の思春期特発性側弯症(以下、側弯症)に関連する生活習慣について調査し、側弯症と食習慣には明確な関係はないことを発表しました。
https://www.keio.ac.jp/ja/press-releases/files/2019/10/31/191031-1.pdf
人の側弯症と食習慣の関係についてはこれまでわかっていませんでした。松本教授は、「側弯症と診断されても、食事を過度に気にせず、栄養バランスの良いものを食べてほしい」と話しています。

Nutrients. 2019 Oct 1;11(10). pii: E2327. doi: 10.3390/nu11102327.
Dietary Habits Had No Relationship with Adolescent Idiopathic Scoliosis: Analysis Utilizing Quantitative Data about Dietary Intakes.
Asakura K, Michikawa T, Takaso M, Minami S, Soshi S, Tsuji T, Okada E, Abe K, Takahashi M, Matsumoto M, Nishiwaki Y, Watanabe K.

2018.11.01患者様インタビューを更新しました。

患者様インタビューはこちら

2018.09.03患者様インタビューを更新しました。

患者様インタビューはこちら

2018.08.07第15回研修セミナーを行いました。

側弯症学会事務局理事 聖隷佐倉市民病院 小谷俊明

6月16日(土)に大阪府高槻市の大阪医科大学で第15回日本側彎症学会研修セミナーを開催いたしました。
今回はベーシックコースで幅広い内容の講義が行われました。全国各地から、医師が81名、看護師、理学療法士、義肢装具士などのメディカルスタッフが91名、合計172名の参加者が熱心に講義に耳を傾け、意見交換いたしました。
日本側弯症学会では、側弯症に対する正しい理解と治療を行うため、毎年医療従事者向けの研修セミナーを開催しています。

  • セミナーの様子①
  • セミナーの様子②
  • セミナーの様子③
  • セミナーの様子④
  • セミナーの様子⑤

2018.07.24側弯症ムービーを更新しました。

側彎症ムービーはこちら

2018.06.29ホームページをリニューアルしました。

当学会ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

この度、日本側彎症学会のホームページをリニューアルし、
患者様とご家族の皆様向けのサイト「側弯症TOWN」をオープンいたしました。

側弯症について正しい理解を深め、正しい治療をしていただけるよう、
より見やすく分かりやすいサイトを目指しリニューアルいたしました。

今後も患者様へのインタビューや、側弯症について学べる動画コンテンツなど、随時情報発信してまいります。
引き続きよろしくお願い申し上げます。

ページトップへ